デートプラン作り方,女性が喜ぶ

シーンに合わせて使い分ける…自分に合った服が見つかる!!


<< ビジネスシーンならコレ!! >>

bizfront

<< プライベートならコッチ!! >>


【今日はどこ行く!?】ネタを尽きさせない為のデートプランの考え方と3つの要素

 

ラブラブな彼女

今日のデートはどこに行こっか…。

たまには違う気分を味わいたいし…

 

彼女との関係をマンネリ化させないためにも、
たまには違った雰囲気でデートをしたいものですよね。

 

そんなときのおすすめのデートプランはどんなものなのか…。
住んでいる場所によってデートスポットは変わると思うのですが、
女性に喜んでもらうということは同じはず。
というわけで、今回はデートプランを決める時の考え方についてまとめてみました。

 

 

絶景・夜景の見える場所

夜景

 

「普段と違う」ということを考えると、やはり絶景・夜景は外せないポイント。
「100万ドルの夜景」なんていう表現が使われたりしますが、ドキドキさせるということに関して夜景は効果抜群なのです。誰もが知っている有名な夜景ではなくても、日本には至るところに夜景の見える場所があります。

 

デートスポットを特集したサイトなどで、夜景の見える場所を集めたものもあるので、参考にしてみるのもいいと思います。

 

 

おいしい食べ物

おいしそうなお肉

 

デートで食べる物・食べに行くお店が一緒になっていませんか?
付き合いが長くなると、お互いの好みを知っている影響で、マンネリ化してしまいますよね。
もちろん、それはお互いの理解が深まっているということなので決して悪いことではありません。

 

ただ、たまには違ったものに挑戦してみるのもひとつの選択肢です。
それは刺激を生むことになりますし、思わぬ発見があるかもしれません。

 

『フレンチ』や『イタリアン』などの高級なお店に行きましょう…ということではなく、
近くで話題になっているお店を探してみたり、季節に合ったものを調査するのもアリです。

 

女性に聞いた「感動したデート」のアンケートでも、食べ物関連のネタは上位に食い込んできています。
料理自体がおいしいこともあるのですが、美味しいものを探すという行動も喜ばれる要素になるようです。

 

 

感情ごとにデートを切り分ける|日常にはワンポイントを!!

アロマキャンドル

 

デートを感情毎に分けて考えるのも面白いものがあります。
わくわく・ドキドキするようなアクティブなデートもいいですが、ゆっくりと疲れを取るようなデートもいいですよね。

 

「先週はアクティブだったから…今回はまったりとくつろぐ感じで…」
こんな感じでメリハリをつけるのもいいと思います。

 

ゆっくりすると言えば、温泉などがおすすめですが、別に家でも問題はないと思います。
まったりと家でくつろぐのも至福のひととき。
何も外に出かけるだけがデートとは限らないのです。

 

ただ、その時には日常とは少し違ったものを演出すると好感度アップの可能性大!!
特に寒い冬には家にいることが多くなりますし、クリスマス時期のちょっと前のデートの時には、ちょっとした工夫が喜ばれるのかもしれません。

 

 

まとめ

いかがでしたか?
初めてのデートなのか…長く付き合っているのかによって状況も変わるので一概には言えませんが、デートの種類について客観的に見つめてみると、より刺激的な思い出を作ることができるのではないかと思います。